予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド

血液サラサラレシピや、絶対知りたい最強サプリランキングも公開!

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物 血液サラサラおすすめサプリメントBEST5 【「病院でできる血液サラサラ検査・治療法」 ちゃんと知っておきたい血液サラサラ成分 血液ドロドロの正体を知る 血液ドロドロが招くキケンな症状・病気

食物繊維

便秘やダイエットに効果があるといわれる食物繊維ですが、血液をサラサラにする効果もあります。ただし摂りすぎには注意が必要です。

食物繊維の種類

食物繊維は野菜や果物、海藻、豆類、きのこ、穀物などに含まれています。以前は体に必要なものという認識がなく軽視されてきましたが、その効果が知れ渡ってくると「第六の栄養素」とまで言われるようになりました。

食物繊維は大きく2つの種類に分けることができます。

■不溶性食物繊維

水に溶けにくい食物繊維で穀物や野菜、豆類などに多く含まれます。胃や腸で膨張し、腸の動きを活発にすることで便秘を予防します。整腸作用もあります。

■水溶性食物繊維

水に溶ける食物繊維で昆布やわかめ、里芋などネバネバした食べ物や果物などに含まれています。大腸の中で発酵される過程でビフィズス菌が増えるので整腸効果があります。

食物繊維の血液サラサラ効果

このように便秘を解消する効果があり、カロリーも少ないことからダイエット食としても親しまれている食物繊維ですが、血液をサラサラにする効果もあります。

とくに効果が高いのは水溶性食物繊維で、ネバネバの元となっているアルギン酸には血液中のコレステロールを下げる作用があります。また血圧を下げる作用もあり、血液の流れがスムーズになるのをサポートします。

コレステロールを下げる作用は、水溶性ほどではありませんが不溶性食物繊維にもあります。また食物繊維には腸内の悪玉コレステロールを排出させる効果もあるので、腸から血液中に吸収されるコレステロールを抑制することができます。

食物繊維の健康効果

食物繊維を摂ることでお腹がすきにくくなりダイエットもできるので、メタボ気味で脂質異常症がある人にも適した成分です。

食物繊維はよく噛んで食べる食材に含まれているため満腹感を得やすく、アゴの骨も丈夫になります。また歯並びもキレイになります。

ただし、不溶性食物繊維の摂りすぎには注意が必要です。水に溶けない不溶性食物繊維は、たっぷりの水分と一緒に摂らないと便が硬くなって便秘になってしまうことがあります。

また食物繊維には栄養分の吸収を阻害する面もあるので、摂りすぎることで必要な栄養素まで吸収されなくなることがあります。

とはいっても適性な1日の摂取量は成人の場合は17g〜20gで、これだけの食物繊維を摂ろうとするとゴボウなら2本、キャベツなら2玉ですから、なかなか摂りきれるものではありません。

便秘気味の人は無理をして不溶性食物繊維を摂り過ぎないように心がけ、あとは野菜や穀物、海藻などをバランスよくたくさん食べることが大切です。

血液サラサラ効果がしっかりとほしい場合もサプリメントを活用し、悪玉コレステロールを排出するようにしましょう。

>>血液サラサラ成分を含むおすすめサプリを比較しました<<

 
予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド