予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド

血液サラサラレシピや、絶対知りたい最強サプリランキングも公開!

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物 血液サラサラおすすめサプリメントBEST5 【「病院でできる血液サラサラ検査・治療法」 ちゃんと知っておきたい血液サラサラ成分 血液ドロドロの正体を知る 血液ドロドロが招くキケンな症状・病気

DHA

DHAもEPAも青魚に含まれる成分なので、この2つはペアのような扱いになっていますが、DHAはDHAの、EPAにはEPAの効果があります。まずはDHAの血液サラサラ効果について説明します。

DHAとは?

DHAとは必須脂肪酸であるドコサヘキサエン酸の略称です。魚の中でもとくに青魚に豊富に含まれることで知られています。

脂肪酸は固まりにくい不飽和脂肪酸と、固まりやすい飽和脂肪酸に分けられますが、必須脂肪酸とは不飽和脂肪酸の中でも人体で合成されない、食物から摂取するべき脂肪酸のことを指しています。DHAも食物から摂るしかない脂肪酸です。

必須脂肪酸の中でもDHAやEPA、α-リノレン酸はオメガ3に分類されます。オメガ3は細胞が正しく機能するために必要不可欠な脂肪酸です。

オメガ6に分類される脂肪酸も私たちの体にとって必要で、オメガ3とバランスを取りながら働いています。しかし現代人はオメガ6(リノール酸や紅花油、ピーナッツ、豆腐など)の脂肪酸を摂りすぎている傾向にあり、それが生活習慣病の原因のひとつとなっています。

DHAは青魚に多く含まれていますが、日本人の魚の摂取量はどんどん減っています。DHAは食べ物からしか摂ることのできない脂肪酸ですから、青魚を食べなければ当然不足します。

オメガ3の脂肪酸が不足し、オメガ6の脂肪酸が増えてしまうと生活習慣病の元になるので、DHAはできるだけ毎日摂取する必要があります。

DHAの健康効果

DHAもEPAもオメガ3に分類される、食べ物からしか摂ることのできない必須脂肪酸で性質も似ています。ただしDHAは血液脳関門や血液網膜関門という機構を通って、脳や目に直接働きかけることができます。これはEPAにはない働きです。

DHAは脳にとって不可欠な成分で、情報伝達をスムーズにし、脳の老化を予防します。ある研究ではDHAに、NGF(神経成長因子)の産出量を増やす働きがあるという結果を得ていますが、NGFはアルツハイマー型認知症の改善に効果があると言われている成分です。アルツハイマー型認知症の患者は魚の摂取量が少ないという研究結果があることを考えても、DHAがいかに脳に良い成分かがわかります。

DHAにはほかにもアレルギーを抑えたり、視力を回復させたり、精神を安定させる効果があることもわかっています。

DHAの血液サラサラ効果

DHAが働くのは脳ばかりではありません。血液をサラサラにしたり、動脈硬化や高血圧を予防する作用も注目を集めています。

「血液ドロドロ」とは、血液中に悪玉コレステロールや中性脂肪が多くなっていたり、血管が硬くなったり、狭くなっている状態をいいます。赤血球も変形できなくなり、スムーズに血管の中を流れません。

DHAは赤血球を柔らかくして変形させやすくするので、血液の流れをスムーズにします。また細胞膜や血管壁を柔らかくする効果や、コレステロール値の上昇を抑制し、中性脂肪を低下させる効果もあります。こういった作用があることから、DHAは血液サラサラ効果の高い成分と考えられています。

ただし、DHAの効果を発揮させるためには、十分な量の青魚を食べる必要があります。厚生労働省が推奨している1日の摂取量は1g以上で、これはマイワシなら40g以上、マアジなら150g以上に相当します。これだけの量を毎日欠かさず摂取することは簡単ではありません。

そこで利用したいのがサプリメントです。とくにアジやイワシ、サバといった青魚が苦手という人や食事を作る時間がない人、血液ドロドロが心配な人は、DHAの入ったサプリメントを上手に活用しましょう。

>>DHAも摂取できる人気サプリメント比較ランキングはコチラ<<

 
予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド