予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド

血液サラサラレシピや、絶対知りたい最強サプリランキングも公開!

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物 血液サラサラおすすめサプリメントBEST5 【「病院でできる血液サラサラ検査・治療法」 ちゃんと知っておきたい血液サラサラ成分 血液ドロドロの正体を知る 血液ドロドロが招くキケンな症状・病気
血液サラサラ応援ガイドHOME » 病院でできる血液サラサラ検査・治療法 » 有酸素運動で血液サラサラ効果を得よう!

有酸素運動で血液サラサラ効果を得よう!

空いた時間にあることをするだけで、血液がどんどんサラサラになっていきます。

その「あること」とは、実は多くの人が健康のために取り入れている習慣の1つ、運動なのです。

そこで、運動によって得られる血流改善効果を分かりやすく説明したいと思います。

運動と血液の密接な関係とは?

なぜ運動をすることで血流改善効果が働き、血液がサラサラになるのでしょうか。それには主に以下のような働きや効果が関係しています。

毛細血管の生成・再生

運動をすると体温が上がり、同時に血流量も増加していきます。それによって新たな毛細血管が生成されたり、これまで動いていなかった毛細血管が動き出したりします。

血管の拡張・血小板の凝縮防止

有酸素運動をしたとき、体内に一酸化炭素が発生されます。この一酸化炭素には、血管を拡張させる働きや血小板の凝縮を抑える働きがあります。血小板が凝縮すると、血液がドロドロになりやすくなるのです。定期的に有酸素運動を実施するだけで、それを防ぐことができます。

内皮細胞の活性化

適度な運動は内皮細胞の活性化につながります。内皮細胞が活性化すると、血圧の調整や血管と血液の状態確認が行われ、最終的に血管の働きが円滑化するのです。

このように、運動と血流には深い関係性があります。運動をして血管が拡張すると血液がサラサラになるだけでなく、各臓器の働きも活発になり、デトックス効果やダイエット効果なども得られるようになります。

今日から即実践!血液をサラサラにする運動法の解説

運動には大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があります。血流改善効果を得る目的で行うのであれば、有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動を行うと心肺機能が向上し、酸素の量が増え、それにより血液の量が増えていきます。また運動量や運動の内容が軽めであるため、血液中の糖質や脂肪がどんどん燃焼していき、血液もサラサラになっていくのです。

そこで、自宅の敷地内で手軽にできる、効果的な有酸素運動を紹介します。

ラジオ体操

小さい頃から慣れ親しんでいるラジオ体操は、内容的には立派な有酸素運動です。世間的なイメージとは裏腹に、全身のストレッチや柔軟性の向上に大きな作用をもたらすような体操となっています。

1日1回ペースでも良いですが、毎日2~3回ペースで繰り返し行うようにすれば、より良い有酸素運動となり、十分な血流改善効果も得られるはずです。

踏み台運動

踏み台に交互に足を乗せてリズムよく昇降をするのが、この踏み台運動です。この運動を継続して行うことで、太ももの前側とお尻の筋肉を鍛えることができます。

専用の道具を購入して利用するのも良いですが、本や雑誌を束ねて代用したり、2階建ての家に住んでいる人は階段を利用したりといったやり方もあります。

エアロバイク

エアロバイクの良い点は、体、特に膝にかかる負担が少なく済むというところです。長い間運動から遠ざかっている人や肥満体であるという人でも問題無くこなすことができます。

このエアロバイクや踏み台運動は自宅でもできる有酸素運動なので、毎日定期的に気軽に生活に組み込むことができます。

縄跳び

有酸素運動の1つである縄跳びは、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効な運動です。

基本的に屋外での運動となりますが、ほとんどスペースを取らないので他の運動同様気軽に続けられます。

注意点として、ジャンプして着地するときは足の裏全体を付けるようにしましょう。つま先で着地してしまうと、ふくらはぎが太くなったり筋肉痛になりやすくなったりします。健康体を維持しながら毎日継続して行うためにも、この部分は強く意識しましょう。

ここで紹介している有酸素運動は、どれも屋内や玄関前などのちょっとしたスペースでできる便利なものばかりです。血液をサラサラにするためにも、これらの有酸素運動を普段の生活に積極的に取り入れていきましょう。

運動を行うにあたっての注意点

有酸素運動のような運動は、血液をサラサラにするのにとても有効的です。ただ、運動をするにあたって注意すべきことがいくつかあります。

以下の点を守っておけば、より有効的かつ安全なものになります。

  1. 運動をする時間

    運動による効果を得るのに必要な時間は、1日20分程度と言われています。1回20分でも良いですし、10分の運動を2回に分けて行っても構いません。

    行う運動が有酸素運動であれば、1日10分でも十分な効果が得られます

  2. 運動をする頻度

    一番良いのは毎日行うことです。なぜなら、基本的に人は毎日カロリーを摂取するからです。それを効率よく解消するには、毎日の運動がとても効果的なのです。

    それが難しいという人は、せめて週3日は行うようにしましょう。週3日、1日10分の有酸素運動を行えばOKです。

  3. 休憩はできるだけ少なく

    有酸素運動による効果を十分に得るには、運動の最中に上がる心拍数を長く維持する必要があります。しかし休憩を頻繁に入れてしまうと、そこで一旦心拍数が下がってしまい、得られる効果が薄くなってしまいます。

    このことを踏まえ、運動をするときは休憩の回数を少なくしましょう。そうすることで一定の心拍数を保て、大きな効果が得られます。

  4. 「日常の動作=有酸素運動」というのは間違い

    有酸素運動とは負荷が軽く激しい動きをしない運動のことを言いますが、日常の中で行う掃除や階段の昇り降りなども、この有酸素運動に含まれると思っている人がいます。これらの日常的動作からは、有酸素運動から得られる効果と同等のものは得られません。体に何の影響も無いというわけではありませんが、体に染み付いている行動であるため、大きなプラスは得られないでしょう。

    有酸素運動が体に大きな影響を与えるのは、普段使わないような筋肉を効果的に使い大きな刺激が加わるからです。

  5. 有酸素運動に積極的に取り組む

    無酸素運動も有酸素運動も、どちらも毎日継続して行えば血液をサラサラにするのに大いに役立ちます。その効果をより高めるには、有酸素運動を行う時間帯を多めに設けるのが効果的です。血液をサラサラにしたり体に急激な負荷を与えたりしないという意味では、無酸素運動よりも有酸素運動のほうが適しているからです。

    踏み台運動やエアロバイクなどであれば雨の日でも気にせず行えますし、また別の有酸素運動も基本的に体力面をそこまで使わず、ストレスも溜まりにくいものばかりです。

    生活に中に運動を取り入れる際は、最低でも10分間の有酸素運動は設けるようにしましょう。

上に挙げた点は、どれも有酸素運動による血流改善効果を得るためには気を付けておくべき内容となっています。

ただ、どの注意点もこなすのが難しいわけではないので、運動し始めの時期に意識して慣れておけば、次第に体に染み付き常にそれを守れるようになっていきます。

 
予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド