予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド

血液サラサラレシピや、絶対知りたい最強サプリランキングも公開!

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物 血液サラサラおすすめサプリメントBEST5 【「病院でできる血液サラサラ検査・治療法」 ちゃんと知っておきたい血液サラサラ成分 血液ドロドロの正体を知る 血液ドロドロが招くキケンな症状・病気

昔から健康食材として認知されている酢は、血液サラサラ効果も高い食材です。酢には色々な種類がありますが、とくに黒酢の健康効果が有名です。保存の効く酢を使った副菜も2つ、紹介します。

酢の血液サラサラ効果

酢にはさまざな健康効果があります。

・血液の循環をよくする(冷えの解消)

・血中のコレステロールを下げる

・酢に含まれるアミノ酸が脂肪を分解

・抗菌効果(口臭の予防など)

・腸内の悪玉菌を減らす(便秘解消)

・高血圧の予防

・疲労回復

・消化の促進

・血糖値の上昇を抑える

血流を促進し、コレステロール値を下げることが血液サラサラにつながります。ほかにもさまざまな効能があるので、できるだけ毎日摂取したい食材といえるでしょう。

酢の種類

酢には黒酢、玄米酢、米酢、香酢、もろみ酢、きび酢、バルサミコ酢、ワインビネガー、穀物素、リンゴ酢などたくさんの種類があります。原料によって風味が異なり、効能にも違いがあります。

酢の中でもとくに血液サラサラ効果が高いのは黒酢です。黒酢は原料が玄米もしくは麦で米酢の一種。熟成発酵期間が長く、半年〜1年もしっかり寝かされて作られることで、まろやかな黒い色の酢になります。この「まろやか」の秘密はアミノ酸で、黒酢にはダイエット効果の高いアミノ酸が豊富に配合されています。

黒酢には悪玉コレステロールだけを減らす効果もあります。血中の中性脂肪も減らし、赤血球を柔らかくする働きから動脈硬化や高血圧の予防効果も見込めます。そのほかの酢にもさまざまな効果がありますが、血液をサラサラにしたいならとくに黒酢がオススメです。

酢を使った簡単レシピ

黒酢を使った簡単レシピ「酢大豆」と、リンゴ酢を使った「酢タマネギ」の2種類を紹介しましょう。

酢大豆

材料

大豆(500g)、黒酢(5カップ)

手順

  1. 洗った大豆を弱火で20〜25分炒って冷蔵庫で冷やす。
  2. 密閉容器(できればふた付きの瓶)に半分ほど大豆を入れ、黒酢を容器が満たされるまで注ぐ。
  3. 冷蔵庫で寝かし、4〜5日後に出来上がり。毎日副菜として少しづついただきます。2週間程度の保存が可能です。

酢タマネギ

材料

玉ねぎ(大1個)、リンゴ酢(適量)、ハチミツ(大さじ2)

手順

  1. 玉ねぎは薄くスライスしておく。
  2. 玉ねぎを密閉容器に入れてリンゴ酢を容器が満たされるまで注ぐ。
  3. ハチミツを入れて混ぜておく。
  4. 冷蔵庫で寝かし、4〜5日後に出来上がり。副菜として毎日少しづついただきます。1週間程度の保存が可能です。

どちらも毎日少し食べるだけで効果的ですが、酸っぱいのが苦手という人はサプリメントを利用しましょう。とくに黒酢の入ったサプリがオススメです

>>黒酢の血液サラサラ成分も手軽に摂れる人気サプリを比較<<

 
予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド