予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド

血液サラサラレシピや、絶対知りたい最強サプリランキングも公開!

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物 血液サラサラおすすめサプリメントBEST5 【「病院でできる血液サラサラ検査・治療法」 ちゃんと知っておきたい血液サラサラ成分 血液ドロドロの正体を知る 血液ドロドロが招くキケンな症状・病気

ナッツ

脂肪が多い印象のあるナッツですが、豊富な良質のオイルが含まれていることで血液サラサラ効果もあります。1日の摂取量目安や簡単レシピも合わせて紹介しましょう。

ナッツのオイルが血液をサラサラに

ナッツといえば、おやつやおつまみのイメージを持つ人も多いと思います。脂肪やカロリーも高いイメージがありますが実は栄養分が豊富で、食べ方しだいでは血液サラサラ効果のほかに、ダイエット効果や生活習慣病の予防効果も期待できます。

秘密はナッツに含まれる良質のオイル。ナッツに豊富に含まれるオレイン酸αリノレン酸には血液をサラサラにする効果があります。オレイン酸には悪玉コレステロールを抑制する働きも。

ビタミンEや抗酸化作用物質も含まれており、抗酸化作用があることも血液サラサラ効果につながっています。

ダイエット効果も大!のナッツの種類

オレイン酸にもαリノレン酸にも、体脂肪を吸収しにくくする特徴があります。よく噛んで食べる食べ物なので満腹感も得やすく、食物繊維やミネラルも豊富。とくにナッツのマグネシウムは脂肪の吸収を抑える効果があることがわかっています。

食物繊維によって便秘を解消し、血糖値の上昇も緩やかにすることなどからダイエットにも効果を発揮します。

ナッツの代表的な種類はピーナッツやクルミ、アーモンド、カボチャの種、ピスタチオなど。とくにアーモンドにはオレイン酸やαリノレン酸が豊富で、クルミもαリノレン酸が多く含まれています。

ただし、食べ過ぎは要注意!食べ過ぎると肥満につながる危険性があるからです。理想的な食べ方は、小腹が空いたときのおやつ代わりにすることです。1日の摂取量は200kcal程度が理想的で、これはアーモンドなら22〜25粒、クルミなら10〜15粒程度。口寂しいときによく噛んで食べるといいでしょう。

アーモンドを使った簡単メニュー

アーモンドは料理にも幅広く使われている食材です。お魚と組み合わせたレシピを紹介しましょう。

アーモンドソースの鮭のソテー

材料(2人分)

【具材】生鮭(2切れ)、小麦粉(少々)、塩(小さじ1/2)、コショウ(少々)、サラダ油(大さじ1と1/2)

【タレ】スライスアーモンド(40g)、バター(20g)、しょうゆ(小さじ1/2)、レモン果汁(大さじ1)、塩・コショウ(少々)

手順

  1. 鮭には塩とコショウをふって小麦粉をまぶしておく。
  2. フライパンに油を入れて、鮭の中に火が通るまでこんがりと焼く。
  3. アーモンドをバターで炒め、【タレ】のそのほかの材料と合わせておく。
  4. 鮭にソースをかけてできあがり。

メインとなるおかずなので、たっぷりの野菜を合わせていただくといいと思います。粉ふきいもなどもよく合います。

ただ、ナッツは食べ出すと止まらないという人や、毎日食べることが難しい人、食生活が不規則な人はサプリメントを利用するのもいいでしょう

>>血液サラサラ成分が豊富な人気サプリを比較しました<<

 
予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド