予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド

血液サラサラレシピや、絶対知りたい最強サプリランキングも公開!

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物 血液サラサラおすすめサプリメントBEST5 【「病院でできる血液サラサラ検査・治療法」 ちゃんと知っておきたい血液サラサラ成分 血液ドロドロの正体を知る 血液ドロドロが招くキケンな症状・病気

納豆

大豆を発酵させた納豆は、大豆の血液サラサラ効果とナットウキナーゼという納豆だけの血栓溶解効果が望めるすごい食材!日本古来の食品である納豆の効能と、納豆を使った簡単レシピを紹介しましょう。

大豆と納豆の血液サラサラ効果

日本独自の食品である納豆は、大豆の発酵食品です。納豆には「ナットウキナーゼ」という納豆にしかない酵素が含まれており、血栓を溶解する作用があります。

納豆の血栓溶解効果は食品の中でもトップクラスで、納豆に血液サラサラ効果があると言われるのはそのためです。

ナットウキナーゼにプラスし、大豆のサラサラ効果が望めるのも納豆のすごいところです。大豆に含まれるサポニンという成分は、コレステロールの吸収を阻害することがわかっています。

また大豆には女性ホルモンと同様の働きをするイソフラボンが含まれていますが、イソフラボンには動脈硬化を予防する働きもあります。血液をサラサラにしたい人にとって、納豆は理想的な食材と言えるでしょう。

納豆のアンチエイジング効果

納豆は栄養素が豊富で、血液をサラサラにするナットウキナーゼのほかに、たんぱく質や脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維、レシチン、大豆ペプチドなどが含有されています。

腸内の善玉菌を増やしたり抗酸化作用があることもわかっており、成人病予防にもピッタリの食材です。

ただし、納豆を食べるときには注意したいことも。それは摂取のしすぎです。いくら体に良いとわかっていても納豆の食べ過ぎは大豆イソフラボンの摂りすぎにつながり、とくに女性はホルモンバランスを崩してしまう危険性があります。

大豆イソフラボンは納豆1パックにおよそ37mg配合されていますが、摂取上限は75mg程度までなので、1日1〜2パックにとどめるようにしましょう。

納豆でコレステロール値が低下する仕組み

納豆には悪玉コレステロールを下げれる成分が4つ存在しており、それぞれの成分には独自の効果が存在しています。
一つ目の成分はナットウキナーゼです。ナットウキナーゼは大豆を発行させる元である納豆菌のことであり、ナットウキナーゼを摂取すると血液中のコレステロールを減らすことができます。血液の中にできた血栓を溶かす成分を活発化させてくれる働きも持っているため、動脈硬化の改善にも有効です。

二つ目の成分は原料となる大豆の中に存在している大豆サポニンです。大豆サポニンは大豆などの植物に含まれる成分配糖体の一種で、コレステロールの吸収を防ぐ働きがあります。
血中のコレステロール濃度も下げてくれるので、動脈硬化などの病気予防にも効果的です。高い抗酸化作用でがん予防や老化防止を促すこともできます。

三つ目の成分は大豆レシチンです。この大豆レシチンにはたんぱく質を肝臓へと送り届ける効果があり、不用なたんぱく質を外へと排出することで血液中に起こるコレステロールの蓄積を防ぐことが可能です。
効率良く摂取することでコレステロール値を調整し、血液や血管を健康な状態で維持することができます。

四つ目の成分は食物繊維です。食物繊維は体内で消化されずに腸内を通過し、排出される際に身体の中に存在する不用なものも同時に運び出してもらうことができます。
納豆には根菜類やキノコに含まれる不溶性食物繊維と、こんにゃくなどに含まれている水溶性食物繊維がバランス良く含まれています。そのため摂取すると不溶性食物繊維で腸内をクリーンにし、水溶性食物繊維でコレステロールの排出を促すことが可能です。

納豆の食べ過ぎには注意

納豆は血中のコレステロールを下げてくれる成分を沢山持っていますが、含まれている成分の中には取りすぎると身体に悪影響を与えてしまうものも存在します。
納豆に含まれるプリン体は大量に摂取すると痛風を悪化させてしまう恐れがあるため、痛風患者の方は摂取量に気を付けなければいけません。また納豆を食べ過ぎると大豆イソフラボンを大量に吸収することで、ホルモンバランスに乱れが生じてしまう可能性が高いです。
特に納豆の中に含まれるセレンは過剰摂取することにより、腹痛や下痢などの症状を誘発させる危険性があります。

納豆を食べる際はこうした悪影響が発生しないよう、1日に2パック以上の納豆を摂取するのは控えましょう。納豆の成分で健康的な身体を作るには、1日に1パックの納豆を食べるのが最適です。

納豆と薬味で嬉しい相乗効果!

納豆の持つ成分を効率良く摂取したい場合は、それぞれの目的に合わせていろいろな薬味を混ぜてみましょう。
ダイエット効果を高めたい方には、納豆にネギを加えるのがおすすめです。
豆腐などの薬味としても利用されるねぎには食物繊維が含まれているため、身体を内側からきれいにすることができます。納豆に含まれるビタミンB1の吸収率を強化することも可能です。

肌を美しい状態へと改善したい場合は、納豆に大根おろしを加えてみましょう。大根おろしに含まれる食物繊維が腸の調子を整えてくれるので、身体を内側からきれいにすることが可能です。
ビタミンB群やビタミンCといった美容成分を多く摂取することができます。

骨をより丈夫にしたい場合は納豆に干しエビを加え、カルシウムの接種量を増やしましょう。カルシウムと納豆たんぱく質が融合すると、カルシウムが骨に吸収されやすくなります
定期的に食べ続けていれば骨粗鬆症を予防することも可能です。

納豆の抗菌効果や殺菌効果を高めるには、わさびを加えるのが最適です。
わさびには殺菌成分のワサビオールや消化酵素であるミロナーゼが含まれています。納豆と一緒に摂取することで殺菌効果を高め、雑菌の影響を受けにくくすることが可能です。

高血圧や血栓症を予防したい方は、納豆にきゅうりを加えてみましょう。きゅうりに含まれるイソクエルトリンの効果で利尿効果を高め、血圧の低下を促すことが可能です。
ビタミンAやビタミンCといった成分も摂取できるため、血液や血管の状態を徐々に改善することができます。

納豆のおいしい簡単レシピ

納豆を1日1パックにとどめる場合は、朝よりも夜に食べたほうが効果的です。血栓ができやすいのは就寝中で、ナットウキナーゼが働くのは食べてから4〜8時間後だからです。

ここでは夜のおかずとして簡単に作れる納豆を使ったレシピを紹介しましょう。

赤ピーマンの納豆炒め

材料(2人分)

【具材】納豆(2パック※添付のタレも使用)、赤ピーマン(中3個)、ごま油(小さじ2)

【タレ】醤油(小さじ2)、砂糖(小さじ1)

手順

  1. 赤ピーマンは5〜8mm幅に切っておく。
  2. ごま油で赤ピーマンをしんなりするまで炒め、タレを合わせる。
  3. 納豆と添付のタレを混ぜ合わせ、2)と混ぜてできあがり。

赤ピーマンの替わりに、茹でたホウレン草や炒めたアスパラガスと混ぜても夕食向きの美味しい副菜になります。

ただ、残念ながら納豆が苦手という人は多いようです。納豆が嫌いな人は、血液をサラサラにしてくれる他の食材を多めに摂るようにしたり、サプリメントを利用するといいでしょう。

>>納豆の血液サラサラ成分も手軽に摂れる人気サプリを比較<<

 
予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド