予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド

血液サラサラレシピや、絶対知りたい最強サプリランキングも公開!

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物 血液サラサラおすすめサプリメントBEST5 【「病院でできる血液サラサラ検査・治療法」 ちゃんと知っておきたい血液サラサラ成分 血液ドロドロの正体を知る 血液ドロドロが招くキケンな症状・病気

血液をサラサラにする身近な食材で、まず挙げられるのが魚です。このページでは魚のサラサラ効果やお手軽レシピを紹介します。

魚の血液サラサラ効果が高い理由

魚は血液をサラサラにする食材として知られています。魚の脂質は体内で固まりにくい不飽和脂肪酸を多く含んでいるからです。対して牛脂やバター、ラードなどは飽和脂肪酸を含んでいます。飽和脂肪酸は常温で固まりやすく、摂りすぎると中性脂肪やコレステロールが増加します。

血液をサラサラにする成分として「DHA」や「EPA」といった成分の名前を聞いたことがある方も多いでしょう。このDHAとEPAこそが、不飽和脂肪酸の一種で魚に含まれている成分です。それぞれの効果と働きは次の通りです。

■DHA(ドコサヘキサエン酸)

●血中の中性脂肪を減少させる。

●脳内伝達物質のセロトニン不足を解消する。

■EPA(エイコサペンタエン酸)

●コレステロール値を下げる。

●血中脂肪の代謝を活発にする。

●血小板の凝固を抑制し、血栓を防止する。

DHAとEPAのこのような性質は、血液をサラサラにする効果があります。血液ドロドロを気にしている人は牛肉や豚肉ではなく、できるだけ魚で脂肪を摂るといいと思います。

青魚でDHA・EPAを

DHAとEPAは体内で合成されないので、食事で摂る必要があります。DHAとEPAがたくさん含まれている魚はいわゆる「青魚」と呼ばれるもので、以下が当てはまります。

・マグロ

・サンマ

・イワシ

・アジ

・カツオ

・ブリ、ハマチ

・サケ

・ニシン

とくに旬の脂が乗った魚が効果が高いので、季節ごとに旬の魚を食べるようにするといいでしょう。また、魚の目のまわりのゼラチン質はDHAやEPAがとくに豊富に含まれているので、カマの部分を煮付けにして食べるのもオススメです。

手軽に作れる魚のレシピ

もっともオススメしたい食べ方はお刺身です。理由は、揚げたり焼いたりすることで、サラサラ成分の吸収率が落ちてしまうからです。旬の魚のお刺身を毎日の食事に加えることで、かなり効率よくサラサラ成分を摂ることができます。

マグロの漬け丼

材料(2人分)

【具材】マグロのお刺身(10〜12切れ)、きざみ海苔(少々)、ゴマ(少々)、万能ネギ(2本)

【タレ】醤油(大さじ3)、みりん(大さじ2)、酒(大さじ1)

手順

  1. マグロをタレとよく混ぜ合わせ、30分ほど冷蔵庫で冷やします。タレは弱火で一煮立ちさせ、粗熱を取っておきます。
  2. ごはんにきざみ海苔をかけ、マグロを並べます。
  3. 万能ネギとゴマをかけて出来上がり。ごはんは酢飯にしてもそのままのゴハンでもかまいません。

大切なのはできるだけ毎日継続して魚を食べること。ただし近年は魚嫌いの人も増えていて、毎日摂ることが難しいかもしれません。そんなときはサプリメントを利用して、食事かサプリで魚のサラサラ成分を摂るようにしましょう。

>>魚の血液サラサラ成分も手軽に摂れる人気サプリを比較<<

 
予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド