予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド

血液サラサラレシピや、絶対知りたい最強サプリランキングも公開!

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物 血液サラサラおすすめサプリメントBEST5 【「病院でできる血液サラサラ検査・治療法」 ちゃんと知っておきたい血液サラサラ成分 血液ドロドロの正体を知る 血液ドロドロが招くキケンな症状・病気
血液サラサラ応援ガイドHOME » 【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物

このカテゴリでは、高脂血症を防いで血液をサラサラにする食材について詳しくまとめています。簡単におかずに1品加えられるサラサラレシピも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

血液サラサラ効果の高い日本の食事

血液ドロドロとは、「脂質異常症(高脂血症)」になっている状態を表しています。

脂質異常症とは、血液中に脂質(悪玉コレステロールや中性脂肪)が増えてしまう症状のこと。脂質が血液中に増え過ぎると動脈硬化につながり、心筋梗塞や脳卒中という命に関わる病気のリスクが高まります。

日本人はもともと脂質異常症が少ない人種でした。しかし食生活が欧米化するのにともなって、脂質異常症になる人は急激に増えています。一説には50代の男性の2人に1人が脂質異常症、もしくは予備軍だと言われています。

以前の日本人に脂質異常症の人が少なかったのは、日本ならではの食生活があったからです。肉ではなく魚で脂肪を摂り、旬の野菜や海藻を食べ、日本独特の納豆やお茶を食する食生活は脂質異常症を防ぐ効果があります。

簡単に取り入れられる食生活のポイントは?

血液をサラサラにするためには、規則正しい食生活が欠かせません。さらに、次のポイントを守って脂質異常症を防ぎましょう。

■主食1、主菜1、副菜2〜3

ゴハンやパン、麺類などの主食を1つ、肉や魚、卵を使った主菜を1つ、野菜や汁物などを2〜3つ用意し、バランスの良い食事内容にしましょう。また旬の野菜やきのこをたっぷり摂るようにしてください。

■魚や大豆を摂る

肉の脂には、血中コレステロールを増やす働きをもつ飽和脂肪酸が含まれるので、なるべく青魚で脂質を摂るようにしましょう。また大豆を使った食品も1日1品は取り入れます。

■バターや生クリームを控える

肉類だけでなく、バターや生クリームの脂も血中の悪玉コレステロールを増やすので、なるべく控えるようにしましょう。

■コレステロールや糖分を控える

イクラやウニなどの魚卵やあん肝、レバーやモツといった動物の内臓、卵、うなぎといった高コレステロールの食材は、できるだけ摂らないようにしましょう。また中性脂肪のもととなる糖分もできるだけ控えるようにしてください。

肉やウニ、ケーキなどを絶対に食べてはいけないというわけではありません。食べるなら少量にとどめたり、たまに食べる程度にするだけでもコレステロールや中性脂肪は減らすことができます。

大切なのは自分の食生活を見つめ直すこと。そして、血液サラサラ効果の高い食品をバランス良く摂るように心掛け、それを続けることです。

ただし、普段仕事で忙しく外食が多くなりがちな方や、野菜など苦手なものがある方は、食事だけで血液サラサラ成分をじゅうぶん補うことは難しいかもしれません。

そういった場合は、血液サラサラをサポートしてくれるサプリメントを上手く併用することをおすすめします。

>>血液サラサラサポート力の高いサプリ比較ランキングをみる<<

 
予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド