予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド

血液サラサラレシピや、絶対知りたい最強サプリランキングも公開!

【レシピ付】血液をサラサラにする食べ物・飲み物 血液サラサラおすすめサプリメントBEST5 【「病院でできる血液サラサラ検査・治療法」 ちゃんと知っておきたい血液サラサラ成分 血液ドロドロの正体を知る 血液ドロドロが招くキケンな症状・病気
血液サラサラ応援ガイドHOME » 血液ドロドロの正体を知る

血液ドロドロの正体を知る

メディアなどで話題になることも多い血液ドロドロとは?症状の内容から判断基準、原因や検査方法までを紹介します。

血液ドロドロって、一体何?

「血液サラサラ」や「血液ドロドロ」は、その言葉の響きだけ聞くと、粘り気のない血液(サラサラ血液)と濃くドロっとした血液(ドロドロ血液)をイメージする人が多いことでしょう。しかしこれらの言葉は、血液の状態をイメージしやすいようにメディアなどによって作られた言葉で、実際の血液の状態とは少し違います。

サラサラ血液というのは、血液がスムーズに流れる血液のこと。よどみなく流れるので酸素や栄養分を体のすみずみまでしっかり届けることができます。対してドロドロの血液とは赤血球や白血球がスムーズに流れていない状態の血液のこと。血管が狭くなって血液が流れにくくなっている状態も「血液ドロドロ」と表現されています。

誰もが血液ドロドロになる可能性がある

血液ドロドロの状態とは脂質異常症(高脂血症)の状態ともいえます。脂質異常症が続くと動脈硬化や動脈硬化が原因となる脳卒中、心疾患など命に関わる病気を招くことがあるので要注意です。

ただし脂質異常症は、遺伝性でもない限りは食生活や生活習慣の改善で防ぐことが可能です。大切なのは、誰もが血液ドロドロの状態になりうることを知っておくこと。そしてなりやすいタイプや生活習慣を把握しておくことです。

このカテゴリでは血液ドロドロの状態や診断する方法、原因などとともに、血液ドロドロ状況を予測するセルフチェックも用意しました。どんな状態が血液ドロドロなのかを知れば、予防に大いに役立つはずです。

調べてみよう!血液のサラサラ度

自分の血液がどんな状態なのかを調べる方法とは?主に行われている血液のドロドロ状態で改善・対策を行いましょう。

サラサラ度の調べ方とは?

病院で行っている血液検査や健康診断を受けていれば、血液の状態を調べてもらえます。会社に勤めている人であれば、会社で定期的に行われている健康診断で血液検査を受ければ大丈夫です。しかし、専業主婦や会社を退職した方は健康診断を受けられませんので、病院に行って血液検査を行いましょう。

血液検査を行えば、血液がサラサラなのかドロドロなのかを数値から判断することができます。標準値でおさまるのであれば血液がサラサラの状態と判断できますが、標準値を上回る数値であれば血液ドロドロの状態であると判断できるのです。しかし、血液の標準値も検査機関や医学の発展により標準値が変わってきますので、ある程度の目安として判断しておくと良いでしょう。

血圧の標準値

血液の流れが悪くなると、以下の標準値を超える傾向があります。

上の血圧(収縮期血圧):129mmHg

下の血圧(拡張期血圧):84mmHg

血中コレステロール値の標準値

血中コレステロール値が高い場合、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの合計を出しています。悪玉コレステロールが多いと血液ドロドロになっている状態です。

総コレステロール値:140~199mg/dl

HDLコレステロール値:40~119mg/dl

LDLコレステロール値:60~119mg/dl

血液サラサラをキープするのは大変

私達の生活習慣は、ここ数年で大きく変化しました。よって、血液サラサラを維持することが難しくなっているのです。自分の生活習慣を見直すだけでも、ドロドロだった血液をサラサラに変えることもできます。ここでは、無意識にやってしまいがちな生活習慣を挙げてみました。

偏った食生活

近年では、ファーストフードや飲食店で食事を済ませる人が増えています。肉類や油っこいもの、お菓子、ケーキ、ジュースなどといった好きなものばかりを食べすぎると、体内の中性脂肪を増やすのです。それだけではなく、血中コレステロール値を高めてしまうことになるので、血液ドロドロの原因となります。

運動不足

身体を動かさずにいると、燃焼されなかった脂肪や糖分が体内にどんどん溜まっていきます。また、新陳代謝も低下してしまいますので、体内に溜まった老廃物を排出する力がなくなってしまうのです。その結果、血液がドロドロになってしまいます。

ストレス

ストレスを溜め込んでしまうと、血液がドロドロになってしまいます。ストレスを受けると、血圧が上がり、コレステロール値や血糖値が上昇してしまうので、血液の流れに大きな影響を与えてしまうのです。また、ストレスの多い生活を続けていると、血液中にある水分が減ってしまうのも大きな原因となります。

血液サラサラをキープしたい、ドロドロを改善したい場合はどうするべき?

血液ドロドロの状態でも、毎日の食事や生活習慣を工夫するだけで改善できるのです。どういった、工夫をすれば良いのでしょうか。

血液をサラサラにする方法

偏った食生活、運動不足、ストレスを溜め込むといった生活習慣を繰り返していると、血液ドロドロになるだけではなく、他の病気を発病してしまう恐れもあるのです。なるべく、規則正しい生活と栄養バランスが整った食生活を心がけるようにしましょう。

身体を動かす

適度な運動を行うことで、新陳代謝が上がります。その為、身体に溜まった脂肪や糖分を燃焼しやすくなるのです。また、運動を行うことで血圧を標準値まで抑え、血中コレステロール値を下げます。

ストレスを溜めない

ストレスを上手く解消してためないようにしましょう。アロマの香りを楽しんだり身体を軽くストレッチしたりするだけでも、身体の緊張がほぐれてリラックスできるようになります。

水分をしっかり摂る

血液には水分も含まれていますので、水分補給をこまめに行ないましょう。水分をしっかり摂ることで、血液の流れも良くなりサラサラな状態が保てるようになるのです。

血液ドロドロの状態では、身体にも大きな負担をかけてしまいます。直ぐに血液をサラサラにする対策ができなくても、コツコツと取り組んでいけば改善できるのです。毎日の食生活や生活習慣を見直して、健康を意識するように心がけましょう。

 
予防・対策から治療まで!血液サラサラ応援ガイド